研究成果の実用化に向けて

AMEDの社会的意義と実用化に向けた取り組み

日本医療研究開発機構(AMED)は、医療の分野における基礎から実用化までの研究開発が切れ目なく行われ、その成果が円滑に実用化されるよう、大学や研究機関などが行う研究を支援し、研究開発やそのための環境の整備に取り組んでいます。

そのためには、提出された研究開発提案書の中から、公募の趣旨に合致し、科学的な価値や実現可能性等の観点から優れたものを選定すること、また支援した課題の進捗状況や達成状況を評価することが、極めて重要になります。

AMEDには、様々な研究開発支援をする事業がありますが、例えば、大学等と企業等との連携を構築しアカデミア発の「技術シーズ」を産業界に円滑かつ効果的に移転するための、産学連携による研究開発を支援する事業「産学連携医療イノベーション創出プログラム」等がございます。

そして、AMEDの事業を通して、技術シーズを実用化するためには、そうしたシーズが実用化できるものかを判断できる人材が欠かせません。このため、AMEDでは、研究開発提案書を評価したり、支援した研究開発課題の進捗状況、達成状況等を評価する企業所属、または、企業に所属経験のある有識者を対象に、評価委員になっていただける方を募集しています。

評価委員は、日本の医学研究の発展に貢献し、人々の生活をより良いものにするために貢献できます。更に、日本の最先端の研究に触れ、それに携わることができます。ぜひこのウェブサイトをご覧ください。